心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術  0=∞=1 との出会いから始まる、ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

リーダーに必要なものとは?

こんばんは。いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今日は、特にきっかけもなくリーダーについて考えていました。

自分が目指すリーダーの姿とは?

 

 

今の時代は、一言で言うと先が見えない時代。

膨大な情報があり、どんな情報を取るかで、自分の人生が720度変わってしまう。

 

AIの登場により、仕事の40%以上がなくなってしまう可能性がある

と言われていて、みんな大変になっている

その中で、外に出れば出るほど新しい情報がバンバン入ってきて

自分にも、相手にも判断基準がバンバン生まれていく。

 

自分や自分の家族の未来を生き抜くことでいっぱいいっぱいになりやすい時代です。

 

そんな時代だからこそ自分や家族の人生をよくするためにも、

チームの売り上げを作っていくためにも

リーダーに必要なもの。

 

それは一体なんでしょうか?

 

シンプルに言えば、「この体が自分」ではなく

無意識レベルから「場が自分」と言えるようになることだなと思います。

 

全体を俯瞰してみれること

自分自身を客観的に見れること

相手を客観的に見れること

それらができるには、心の動きを見れること

そして、具体的なコンサルティングができること。

 

自分に不安し、仲間の成功に嫉妬し、未達に怯える。

その生き方ではなく

 

自分とチームに無限の愛と信頼があり、仲間との関係性から

成功、失敗も含め学び、新しいあり方、思い方、やり方をコピーし、

共に達成していく喜びを共感しあえる。

 

そのようなチームが生まれ、個人の成功=全体の成功として

日常のやりとりや他の人の失敗すらワクワク楽しめるようになる。

 

そんな生き方ができたら最高ではないでしょうか?

 

一人一人が自分の宇宙(Universe)を

持って生きる時代。

よく認識技術をVRのゴーグル画面や映画で例えて表現していますが、

映画で例えるなら、それぞれの心のスクリーンが、どんな映画を映し出しているのか。

 

その映画の主人公でもあるし、映画から出て客観的に見ることもできる。

無も有も自由自在の生き方を、どんどん発信していきたいと思いました。