心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術nTech  0=∞=1 との出会いから始まった。ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

映画「モアナと伝説の海」を見て

こんばんは。いつもありがとうございます♪

 

今日もブログを書けることに感謝です( ^∀^)

 

今日は、「モアナと伝説の海」をついにみました。

(少しネタバレ入ってしまうかも!)

アマゾンプライムって便利ですね。ポチッと押せば映画を借りることができます。

 

今回のモアナは私にとって、「アナと雪の女王」以来のディズニー映画です。

映画はリアリストに行きたいと思う自分にとって、

ディズニーやミュージカルは結構鬼門。

 

なんで海が動くんだ?とか、今回も大人なツッコミがはいりつつ、

ディズニー映画の奥深さに心が動きました。

人の成長、変化のストーリーそのものだなと感じました。

 

モアナの年齢は16歳前後?の女の子。

モトヌイ島で生まれ、育ちましたが、サンゴ礁の外へ出ると、波が激しすぎて

行くことができません。(理由は割愛)

 

過去にお父さんも失敗して、友を失った後悔から、海に出ることを禁止しています。

お婆ちゃん以外、誰も応援してくれません。

モアナも海に出たいと思って、一人でチャレンジしてみると、

 

彼女の動きを見ていると、本当は動きたい、外に行きたいけれど、

自分の力では無理。行ってみて、船がひっくり返る。

 

失敗して諦めるか、再チャレンジするか。

一度は諦めかけたモアナですが、お婆ちゃんにチャンスをもらい、

島や村の人々との真実と出会ったことから、再度海に出る準備をします。

 

自らの意思と使命を確信し、その道を歩み続けることで、

一度は離れていった仲間から協力をもらうことができ、

モアナは自分の島を、世界を救うことができました。

 

これって誰にでも起こりうることだなと思います。

 

新しいこと、今までにないことをやろうとすれば、必ず反発が起きる。

それを諦めずに続けることで、協力してくれる人ができる。

 

色々感動したことはありますが、

この映画で特徴的だったのは「真実」を正しく理解すること、と思いました。

 

「真実」と出会うことで、自分から始まる夢、ビジョンではなく、

周囲と繋がった夢、ビジョンを描くことができ、

今までとは違った新しいあり方、思い方、やり方を選択できる。

 

モアナも島の人たちの本来の姿を見たことから、

何がなんでもやらなければいけないという決断をすることができました。

また、自分にはできるんだ、という希望をより強く持つことができました。

 

 

現代は先の読めない時代。

AIや社会が急速に変化して行く中で、

色々な夢、ビジョンが語られます。

 

その中で、真実を発信するところはどれだけありますでしょうか??

 

私は、

「自分がと自分の宇宙がある」をベースにした出発なのか、

「自分と自分の宇宙はない」をベースにしたあり方、思い方、やり方から

「思った通りになる」生き方を発信していきたいなと思います。