心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術  0=∞=1 との出会いから始まる、ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

ネトゲが疾病認定?

 

ご訪問ありがとうございます😊

 

ついにWHOによって、ネットゲームが疾病に認定されるそうですね。

 

もちろんその条件は様々ですが、

今後色々な業界からの反発を受けながら、少しずつ決まって行くのではないでしょうか。

 

ネットゲーム依存、疾病指定へ WHO定義、各国で対策 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

調べてみてわかったんですが、これ「しつびょう」と検索しても出てこないんですね。

 

「しっぺい」と読むそうです。

びっくりびっくり。

 

ニュースを読んだ限りでは、

「今ある関係性を無視、破壊してゲームの世界だけに没入集中する状態が12カ月以上続く」

ことが認定の条件のようですね。

人間は人と関わらないと生きていけない生き物。

他と循環することで生存できるのに、

その循環を起こせない状態が疾病、ということでしょうか。

 

今は画面上のゲームが主流ですが、

これからVRやARを用いたゲームもどんどん増えてくることが予想されます。

 

Google Glassのようなものが進化して、日常的なことや仕事でもARやVRが使われる日は遠くないと思います。

(「AIの遺伝子」という漫画がイメージつきやすい。)

 

映画「マトリックスのように、チューブを繋いで別の世界でもリアルに生活できるかもしれません。

 

そんな時代になったら、何を現実と呼びますか?

どこでの交流をメインに楽しみますか?

 

どこまでが病気や疾病になりますか?

 

逆に、健康とはどんな状態でしょうか?

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^ω^)

 

平井健太

 

f:id:changetheuniverse:20180110225357j:image