心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術  0=∞=1 との出会いから始まる、ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

「やりたいことが見つからない。それが正常です」〜革命のファンファーレ」西野亮廣氏講演会 in Osaka 〜

昨日は、エル・おおさかで開かれた西野亮廣氏講演会「革命のファンファーレ」に参加してきました。

 

600人ぐらい?の方々が参加しておられてとても素敵な場でした。

「お金」の話が講演会の中心テーマでしたが、ギラギラした雰囲気もなく、

ゆったりとお話しが聞ける場でした。

中でもわかりやすかったのが、お金と信用の話です。

クラウドファンディング=信用をお金に両替する』

ということで、「ホームレスの小谷さん」を例にして、話をしておられ、

信用があれば(事業に対しても)、お金を調達したり生活に必要なものを

得ることができるんだな、と改めて感じました。

 

そこから、今作られている Letter Pot のお話と 交換できない通貨のお話。

金もそうですし、仮想通貨もそうですが、

「制限することで価値が生まれる」んだなと改めて勉強になりました。

 

そして、会場からの質問に対してもとても綺麗な受け答え。

「やりたいことがみつからない人はどうすればいいんですか?」

 

この問いに対し、

「やりたいことが見つからない。それができている若者は正常だ。

 むしろやりたいことが一つに定まりきっている方が危ない」

という旨の発言をされました。

 

一言一言に根拠があって、本当にすごい方なんだなと思いますし、また、常に会場に疑問を投げかけるので、話しを聞き方も聞きやすい!

 

今、AIをはじめ、お金、流通、教育、色々な分野で革命的な変化進んでいます。

なりたい職業が「本屋さん、酒屋さん」という人は少ないと思います。

「youtuber」がなりたい職業でランクインする時代です。

 

個人の夢を持ったとして、それが10年後、20年後残らない可能性も充分にあります。

 

そんな時代に何を夢、未来の希望にしますか?

 

どんな限界を突破したいですか?

 

西野さんは、「えんとつ町のプペルでディズニーを倒す(お金の仕組みを変える)」と宣言されています。

 

これからの夢は、「こんな社会を作りたい」

「こんな自分になりたい」「こんな関係を作るたい」

といった関係性や生き方、ビジョンをベースにしたものになっていくのではないでしょうか?

 

やりたいことを探す時代は終わる。そんな気もしますね。

f:id:changetheuniverse:20180116224506j:image

f:id:changetheuniverse:20180116224511j:image