心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術nTech  0=∞=1 との出会いから始まった。ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

豆まきで認識技術を使ってみる

ご訪問ありがとうございます。

 

今日は、節分でしたね。

豆まきが懐かしい1日ですね。

パートナーとコンビニに行ったとき、「あ、豆まきだ」っていってるのを聞いていて、

節分というイベントも認識技術を使っていくことで、

とてもいいイメージが作れるんだな、と浮かんできました。

 

日常をどう捉えていくか、で本当に毎日が変わっていきます。

興味ある方はぜひ読んでいただければ、と思います。

 

まず、「節分」とはどういう意味があるか、知ってますか?

 

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏・立秋・立冬)の前日のこと。 節分とは「季節を分ける」ことも意味している。 江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。by wikipedia

 

なので、本当は年に四回あるそうですね。

 

「鬼は外」「福は内」って豆まきをやっていたのが懐かしいです。

邪鬼や悪いものは外へ追い払って、福や幸せはうちに入れる。

普段の自分にとっての課題や、問題をイメージしながらやっている人も

いるかもしれません。

 

これも、認識の変化をしたところから、自由に解析をしていけば、どうなるのか?

 

認識技術は、0 = ∞ = 1で表現できる、たった1つの動きの仕組みを使って、

全てを整理していきます。

 

自分と自分の宇宙は実在しない。

=自分があると思っている宇宙もない。1つの動きからできたり消えたりしている。

その動きイメージ、力イメージを使っていきます。

 

善悪や鬼があると思っているけれど、

本当はそれも自分が作り出している。

本当の自分はそれを作り出している無限の可能性そのもの、

動きそのものなんですね。

 

脳の認識のくせから見て、自分と自分以外を分けてしまうこと。

自分の外と自分の中を分けてしまうこと。

 

「鬼は外」と言えば、外を作って存在させてしまうことが鬼=不幸の原因であり

「福は内」と言えば、「中も外もない、全てが自分だ」

というイメージで見てみる。

 

鬼に日常の嫌いな人だったり、トラブルをイメージする人がいれば、

それ自体も自分の観点が作り出した幻覚なんだ、と納得して理解していく。

 

現実が脳の観点で見せている錯覚であることを分かった上で、

あえて鬼を作って、鬼を作りだした自分の観点と出会って溶かしていく。

 

その上で、鬼とも仲良くなって、共通のビジョン、夢を作る。

そのようなイメージから、鬼とも仲良くなれれば最高じゃないでしょうか?

 

今回は「鬼は外、福は内」。節分をテーマに認識技術の生かし方を書いてみましたが、

読んでみていかがでしたか?

 

日本には認識技術を活かせる多様な言葉、習慣があります。

自らが無限の可能性そのものの自分になって、今ある文化を生かしながら、

それを生かしていくこと。

全てと共存できるALL -WINができる生き方を作っていくことで

「生きててよかった」と言えて、感謝される最高の時代を作る。

 

日常がワクワク、発見、楽しみで溢れている日常。

そんな「尊厳」ある未来を作っていきませんか?

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

f:id:changetheuniverse:20180204021710j:plain