心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術nTech  0=∞=1 との出会いから始まった。ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

私の心が自由になった話。

こんにちは。

  

今日は、私自身がどんな生き方をしたいのか。

今までの生き方と変化のポイント、改めて気づいたところのお話でもあります。

 

f:id:changetheuniverse:20180623094344j:plain

 

私自身、一般的に見れば、普通の生活ができ、高校までスポーツをし、

頭がいいと言われる大学にも入っていました。

 

しかし、私自身の中で一つの大きな問題がありました。

それは、自分自身が常に「負けられない」。

 

 

「弱みを握られて支配されるんじゃないか?

自分を出せなくなるんじゃないか?」

 

 

という恐怖が根底にありました。

 

それは、自分自身のスポーツや勉強、親との関係を通じて、

無意識的に繰り返していたことですが、その時自分が感じた言葉でいうと

以下のようなものになります。

 

・理不尽であっても言うことを聞かないといけない

・会社に入っても上司・部下の関係がある

・個人で仕事をしても、人脈=お金がないと生きていけない=合わせないといけない

・国も支配する側、支配される側しかない。あの手この手で争いに参加させられる。

 

・だから個人の自由なんてあるようでない

 

 

そんな人生を送るのは嫌だから自分が変化しよう、と思って

動いて、色々な人に出会って、知識を得れば得るほど、勝ち負けの考えに支配され、

自分も他人も信じれなくなりました。

 

 

 

自分が考えていることも「自分で考えたくて考えさせられたのか?

それとも誰かにそうさせられているのか?」

と思い、何と出会ってても疑って目の前を楽しめない。

そんな苦しい日々も過ごしました。

 

それが変わったのが、認識技術(N-tech)創始者であるNoh Jesu氏との出会いです。

 

講演会での質疑応答を通して、

彼が「自分がこれに気づいた時、自分1人だとしても、75億に伝えることを決断した」

 

と言ってるのを聞いた時に、

「なぜこの人はこれほど未来に対して確信を持っているんだろう?

 なぜ自分に対して確信を持てるんだろう?」

 

という思いから「この人が持っているものを知りたい!と思い、

N-tech のセミナーを受講しました。

 

それが、一瞬の夢でもない、「Zero化感覚」として

自分と自分の宇宙が目を開けたまま消える、そんな経験との出会いでした。

 

その出会いをした時に、誰も傷つかない、傷つけられない本当の尊厳、自由がわかり、

 

今まで自分が思っていた「上下、支配する、支配されない

にとらわれる関係性も自然となくなっていきました。

 

結果、目の前の人が誰であるかに関わらず、フラットな関係性を築くことができ、

上下関係があることでの意味・価値もわかった上で

厳しいことも「愛だと思って」受け取れるようになりました。 

 

N-tech と出会って、深めれば深めるほど、日常の出会いも楽しくなり

人が好きになり、さらに自分が生まれた日本がもっと好きになって。

 

今は、日本人に対する1人1人のイメージをもっと変化させていきたい。

生まれて来た国に対して、培ってきた文化に対して自信と誇りを持って欲しい。

 

そんな人たちが自分の周りに、社会全体に溢れていたら、

どんな未来が作れると思いますか?

 

日本から、目の前のことがワクワク、感動して出会う生き方ができる教育である認識技術(N-tech)を広げていきたい。

 

そんな思いで日々過ごしています。

 

お読みいただきありがとうございました。