心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術nTech  0=∞=1 との出会いから始まった。ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

自分の認識を疑う、とは?

こんばんは。

 

平井健太です。

 

前のブログ記事の続きを書いています。

 

認識を疑うとはなんでしょうか。

私たちの日常は

「脳」で認識した情報やデータを

部分だけ受け取り

存在させて

意味価値をつけて

それらを組み合わせて

日常に使っています。

 

今自分が部屋の中にいるとしたら。

「今スマホを触ってブログを読んでいる私」を例題に考えてみると

その中には

私という存在

私の手という存在

私の手を巡っている血液

部屋

大阪

日本

世界

宇宙

 

無意識にはこれだけのものがあって、「スマホを触ってブログを読んでいる私」という部分を認識しています。

 

自分の認識を疑うことでどんな世界が見えてくるのでしょうか。

次は、認識を疑った人がどのような世界を、どのような時代を見ているのでしょうか。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。