心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術nTech  0=∞=1 との出会いから始まった。ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

『天気の子』を見て。

こんばんは。

平井健太です。

 

昨日、新海誠監督の『天気の子』を見てきました。

前作の『君の名は』が良すぎて、つい期待してしまう、という心を抑えながら。

 

tenkinoko.com

 

以下私の感想です。

 

私の感想ですが、これは帆高君の物語だったな、と思います。

と同時に、雨は日に日に増えていく情報の雨だったなぁとも思いました。

 

どんな背景があったのかはわかりませんが、日常にマンネリした帆高の心。

この環境が悪いんだ!と

外の世界=東京に光を求めた帆高君は、晴れ女である陽菜(=天候を悟った人、変化を起こせる人)と出会う。
彼女ともに活動すると、一時的に晴れ=希望、喜びと出会うことができる。

 

しかし、「晴れてほしい」という彼の願いを聞いた陽菜が天の世界にいってしまう。

晴れという最高の環境を得たけれど、それは帆高の心を手放してしまったことになる。

何かを得るために何かの心を犠牲にする、その感覚。

一見すると天国だけど、それはお互いにとって地獄。

 

どれだけ環境がひどくても、どんな雨が降り続いたとしても

自分の心が晴れていれば、この世界は天国になる。

 

外の天気ではなく、自分がどう思うのか、

誰とどんな生き方をしたいのかが大事であることを悟る。

 

そんな物語だったんだな〜と思います。

 

ではでは、今日もお読みいただきありがとうございました。