心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術nTech  0=∞=1 との出会いから始まった。ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

『反日種族主義』を読んで

こんにちは。平井健太です。

 

最近、夢中になっている本があります。

11月14日に発売された『反日種族主義 日韓危機の根源』。

 

本は、220ページぐらい、でもうすぐ読み終われそうなんですが、

youtube でも色々な方が意見を発信されているので、ついついそれもみてしまったり。

そんなこんなで時間が過ぎ去っていきます。

 

 

反日種族主義 日韓危機の根源

反日種族主義 日韓危機の根源

 

 

この反日種族主義、

ものすごい衝撃の本です。

(内容については、読みきってから少しずつ発信していけたらな〜と思います)

 

なにより著者の方は、慰安婦問題が流行った当時、

慰安婦問題は捏造だ」という趣旨の発言をし、市民により土下座させられています。

それでもなお、勇気を持ってそれこそ命がけで再び発信されている。

その時点で、内容に対する自分の向き合い方が変わります。

 

内容も衝撃で、一言で言えば、

「教育も文化も全て、ゴールが反日に向かっている」

という点に集約されます。

 

詩集や文化、歴史、あらゆる角度から民族の尊さを喜びつつも、

ゴールは日帝に対する恨みや屈辱にすり替わっていきます。

 

私たちも、もし日常や教育現場が、人や相手への恨み、つらみを誘発するものなら、どんなふうに感情が動くと思いますか?

 

隣の家の人が、自分の家に対する恨みや怒りをいつも子供に話していたら、

その子はどう育つでしょうか?

「こんなのおかしい、嫌だ」と反発する人もいると思いますが、

多くの人は「そうなんだ」と受け入れ、怒りや恨みの感情が作られていくのではないでしょうか。

 

本では「シャーマニズム(呪術・宗教)としての反日種族主義」と書かれています。

客観的事実かどうかがもはや基準ではなく、全体主義的、個人の意見を言えなくする道具としても作用している、ということです。

一般的な民族主義とは違う点がここです。

 

そして、nTech創始者のNoh Jesu 氏は、韓国の現状に対して、色々な気持ちを抱きながらも、「日本にとってもただ事ではない」と言われています。

私たち一人一人の思いとアクションが重要です。

 

日本と今の時代がどのような状況にあるのか、気になった方はぜひ読んでみてください。

 

 

blog.noh-jesu.com

 

今日もお読みいただきありがとうございました。