Your Universe, My Universe

認識技術「観術」を中心に、日々の気づきや趣味を描いています。

大学の同窓会

こんばんは。

 

この前久々に大学時代の同窓会に行ってきました。

5年立って、初めての開催になって、教授も含めて6人の参加でしたが、

まずは集まれてよかったなと感じています。

 

で、

私、文学部、哲学専攻でした。

たまたま指定校推薦で入る枠が哲学専攻しかなかった、ということもあるんですが

高校の先生に「意味のないことを勉強することも人間性を豊かにするために大事だ」

と言われ、よくわからんけど頑張ってみようと思ったのも一旦なんですね。

 

やってみると、日常にない言葉ばかりで大変でしたが、

社会にでてから、哲学を勉強している、

ということがなかなか特殊な人種の中に入るんだな、と気づきました。(笑)

 

一般的にも、話の内容というかテンポによって、

どんな人とグループになっていくのか、ということが変わってくると思うんですね。

 

哲学って使う言葉が特殊なので、多くの人に合わせたコミュニケーションをしよう、

としていた自分が無意識にいました。

 

ですが、

久々に集まってみたときに話すペースが結構合致していて楽しかった。 

無理に他の人に合わせて、何者かに変わろうとしなくても

自分の考えの走る道がここにあるんだなと思えました。(笑)

 

 

また、それぞれが進みたい道を進んでいるように感じれて

未来に向けた話も多くてとても面白かったですね。

 

ブログ内で哲学チックな細かい考えを走らせることもありますが、

楽しくおつきあいいただければと思います。

 

今日もありがとうございました。

漫画から見る社会(人)の変化

こんにちは、

 

私は、漫画・映画はかなりはまってしまう趣味です。

 

ゲームは卒業したのですが、ためになるものも結構あるので、

ついつい読んでしまいます。

 

一例ですが、各年代での有名な漫画ランキングがあったので転載しておきます。

zenkandokuha.com

 

ここからは自分が知ってる範囲の話になりますが、

年代が変わるごとに、漫画の中にあるメッセージがほんと違うなと感じます。

勝利や善悪がはっきりしている漫画が昔は多かったですが、

今は勝ったとしても勝利の味がない。

バッドエンド。

単純な力比べではなく、知略中心ゲーム系の漫画。

 

暑苦しい目的ばかりではなく

人間が日常で持つ負の感情、心理に焦点をあてているものも増えてきているんだなと、

 

 

有名になる=読者からの評価があって売れていくということなので、

読み手の心も複雑に、繊細になっているんだなと感じます。

 

シンプルにいえば、あり方、思い方、やり方のうち、やり方がメインだった昔に比べ、

思い方、あり方に問いかける物が増えている状態ですね。

さらにいえば、「人間とは何?」という問いかけに対して答えが必要な時代。

 

今後、漫画を読んでみて色々な気になった部分を時々描こうかと思います。

ではでは。