心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術nTech  0=∞=1 との出会いから始まった。ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

含歯性嚢胞になりまして⑥

こんばんは。

平井健太です。

 

先日は病院にいきました。

嚢胞を摘出してから1週間。

 

やっぱりガーゼというか、縫合している部分が膿んできますね。

糸が擦れるのが痛くなってきます。

 

で、1週間経ったので、糸を抜いてもらって、

さらに中につめてあるガーゼを取り出すのですが、これまた痛い。

 

お医者さんに「我慢しーや」という旨の言葉をかけられた後、

親知らずのあった場所から取られるわけですが、思わず叫ぶほどの痛みでした。

 

どうやらまだガーゼは続くよう。

骨は露出している状態なので、自然と骨と歯茎が回復するまでは

少なめのガーゼを詰めて、1週間きたら取って、という作業を繰り返すそうです。

 

まだもう少しかかるようですね。

ちなみに、抗生物質を処方いただいたのですが、速攻お腹を下しました。

ほんと、しんどかったです。

 

歯の疾患はほんと大変です。

今日もお読みいただきありがとうございました。