心のゆとりは観点のゆとりから

認識技術  0=∞=1 との出会いから始まる、ゆとり・さとり世代男子が贈る生き方、未来ビジョン。

掃除のお手伝い。〜部屋から無意識を作るライフスタイル〜

こんばんは!

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今日は、知り合いの部屋の掃除を少しお手伝いしていました。

 

私が認識技術を学んでから、「掃除が楽しく、好きになった」こと、

排水溝を含め、色々掃除するようになったことを知って、

「一緒にやってみたい!」と

言ってくれたんです。めっちゃ嬉しい!

 

 

お部屋ってものすごくその人の無意識(性格)が現れる空間です。

 

キッチンが綺麗、○○が汚い...。

ゴミ捨てない...

色々あります。

 

目が悪い人であれば、コンタクトやメガネを外すと視界が悪くなって、

意識が向くことが少ないので、

お風呂場があまり綺麗じゃない、とかもありますね。

 

 

じゃあ、今回はどうだったのか?

 

主にクローゼットを片付けてみましたが、

思った以上にカバンが多かったり、謎のシャツ、袋が多かったです。

 

本人なりになぜそれがあるのか、を考えてもらったら、

「○○さんにもらった」「引き出物」「○時代から使い続けている」

が多かったですね。

 

じゃあなぜ、それをしまっていたのか、と聞いた時に

どんな背景があるのかを聞いてみたら、

彼女は末っ子で人から

「お下がりだったり、ものをもらう習慣はあるけど、捨てる習慣がなかった」

ということがわかったんですね。

同時に「もらったものを大事にする心」があることもわかりましたが、

 

お部屋も、自分の意識空間としてみてみれば、

「自分がどう思うかよりも周りの観点を優先してしまう、合わせてしまう」

「持った観点を捨てる習慣がない」

というパターンが見えてきました。

 

 

今回はそれと出会っておさらばし、心も部屋もスッキリできました。

 

今度は、その空いたスペースをどう活用するか。

今まで外にあったものを入れる。

それとも、配置を変えて使うものをどんどん入れていく。

 

人間が普段移動したり、出会いに行ける範囲があるように

部屋にも容量があるし、部屋によってしまえるものにも限りがあります。

 

汚い部分や散らかっているところには踏み込まないので、さらに範囲が狭まっていきますね。

 

 

自分の部屋に何があって、何を使っていて、使うことができているのかを

掴んで、観察できる

=自らの意識と無意識を自由に変化させ、

自分の過去も未来も道具として使っていけるようになるということ。

 

仕事ができる人は部屋の片付けができる人も多いですが、

意識と繋げた時に、意識の自由度の範囲=お部屋の自由度の範囲、とも言えます。

 

綺麗な部屋であれば友達や恋人を招くこともできるし、

オフィスのように使うこともできます。

 

どんな人を作りたいのかをイメージしてその部屋(場)に住むことができれば

自然と描いた人になることができます。

 

 

皆さんはどんな心のお部屋を作りたいですか?

どんなおもてなしをしたいですか?

 

ぜひ、そこからお部屋のことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

追記

実践した方から感想頂きました。 

部屋から45L袋4つほど捨てれたそうです。

自分の考えもスッキリしたし、

物を溜め込むということは考えも溜め込んで痛んだ、とのこと。